Reebok "PUMP DAY"

"PUMP DAY"とは リーボックの最も名高く画期的な
テクノロジーであるPump(ポンプ)が

誕生してから30年以上が経過。
ポンプが証明したイノベーティブな精神に敬意を表して、

リーボックは2020年5月 15日を
「Pump Day(ポンプ・ディ)」と制定。

リーボックは「Pump it Up Now」
(さあ、ペースを上げて!)を

スローガンに掲げて、
この歴史的なテクノロジーを
アジアのファンと一緒に称えます。

Reebok PUMP FURY OG "CITY PACK"

東京、大阪、上海、ソウルといったアジアの都市にインスパイアされ、 ヒール、インソールなどシューズのディテールにそれぞれの都市のファッションや カルチャーを反映した要素を入れ込んだモデル。 左足のポンプボタン部分にコンパスのモチーフをデザイン、ヒール部分には各都市の文字が刺しゅうされている。 さらに、両足のミッドソール部分に各都市のスニーカー/ファッションとゆかりの深いエリアの経度・緯度の記号をプリント。

Reebok INSTAPUMP FURY

ITEM CODE:fw4753
PRICE:¥19,800(+tax)

Reebok INSTAPUMP FURY

ITEM CODE:fw4754
PRICE:¥19,800(+tax)

Reebok INSTAPUMP FURY

ITEM CODE:fw4755
PRICE:¥19,800(+tax)

Reebok INSTAPUMP FURY

ITEM CODE:fw4756
PRICE:¥19,800(+tax)

Reebok PUMP FURY OG "90s House"

5月15日の「PUMP DAY」に合わせてリリースされる商品の中で唯一の"日本エクスクルーシブ"モデル。 今作は2019年の春夏シーズンに、INSTAPUMP FURYの25周年記念の一環として原宿で開催された、 期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」のとある1シーンから着想を得て誕生。様々なミュージシャンのジャケットデザインや、 ファッションブランドのグラフィックも手がけるアーティストの「上岡拓也」氏が、Reebok 90s House開催期間中、 イベント会場の壁にINSTAPUMP FURYのファーストカラーである通称"シトロン"を描き、 その描き途中(下地の黒いベースと特徴的な蛍光イエローのブラッダー部分)であるカラーリングをそのまま商品化した物である。
ヒール部分に上岡拓也氏のシグネチャーが施され、インソールには今作のために彼が
デザインしたPUMP FURYの文字がプリントされている。

Reebok PUMP FURY OG "90s House"

ITEM CODE:fx4261
PRICE:¥19,800(+tax)

Instagram

Instagram